水虫はとても辛い症状がでます。症状の中にも痒みや痛みなど様々なものがあり、それによって治療薬も変わってくるので、むやみにドラッグストアで治療薬を選ぶのは正解とはいえません。また、水虫が発生する場所によっても治療法が変わるのでしっかりと自分の症状を知った上で治療を開始する必要があります。

5本指の靴下が水虫予防に使える理由

水虫と聞くと、おじさんが悩まされる皮膚の病気だというイメージがありますが、実際にはそのようなことはありません。現状水虫に悩まされている人の男女の割合を見ると、ほぼ変わらないというデータになっています。特に最近は若い女性が水虫に悩まされることが多い傾向にあり、誰でもかかりうる皮膚病だといえます。

そんな水虫を予防するために有効な方法の一つとして、5本指の靴下があります。5本指の靴下がどうして水虫の予防に有効なのか、その理由を見ていくことにしましょう。水虫が好む環境としては高温多湿な環境です。水虫は主に足の裏に発生しますが、それは脚という部位が水虫が最も好む高温多湿な環境になりやすいからです。

私たちは普段生活する時、常に靴を履いています。更に靴を履く際はほとんどの場合、靴下を履いてから靴を履くことになります。二重に密閉された空間にさらされているというわけです。靴下を履くと足の指は密着します。すると密着した部分が靴下の中の高温多湿の環境によって湿度が上昇し、水虫が発生しやすい環境となるのです。

湿気が高い状態にならないようにするには、まず吸湿性の高い素材の靴下を選ぶと有効です。吸湿性が高い素材であれば湿気を除去し、蒸れを防ぐというメリットがあります。しかし、吸湿性が高いという事は靴下自体が湿気を保持しやすいといったデメリットも存在します。
吸湿性の靴下はできれば複数所持し、適宜、履き替えると良いでしょう。または出来るのであれば定期的に靴を脱いで過ごすようにすれば靴下の蒸れを除去できます。

さて、5本指靴下の場合は、指の部分は独立した構造になっています。指同士の密着を防ぐことが出来るので、指の間の湿気の上昇を防ぐメリットがあります。指の間が蒸れないという事は必然的に水虫が出来にくい環境に出来るということになります。5本指靴下のデメリットとしてはおじさんっぽいという点ですが、最近では女性の水虫が増加していることもあり、女性にも5本指の靴下を試してみようという動きが出てきていることから、デザイン面でも女性向けのオシャレな商品が増えてきています。

足の乾燥を防ぐグッズは水虫予防に効果的

水虫は一度かかると完全に治療するのにとても時間がかかります。そのため、日ごろから水虫にならないように予防することがとても重要です。

お金が一切かからない水虫の予防法として靴を定期的に履き替えるという方法があります。ほとんどの人が靴下は毎日履き替えるのに、靴の場合はお気に入りの靴を1足ずっと履いているというケースが多いです。同じ靴を履き続けていると、湿気も蓄積しますし、菌もたくさん繁殖します。複数の靴を毎日ローテーションで履き替えることによって、靴を休ませる時間が出来ます。履かない時間を作ることで靴を乾燥させることができ、菌の増殖を抑えることもできます。

それ以外にも現在では水虫の発生を防ぐためのグッズが色々と販売されています。夏場の脇の汗ジミを防ぐための汗わきパットがあるのと同様に、水虫対策グッズの一つとして、足の指の汗を吸収する使い捨てのパットが販売されています。このグッズを足の指に装着するだけで足の指の間の湿気を除去し、快適な状態にしてくれます。

また、靴の中の菌の中にも水虫は存在しています。靴の中の消臭用のスプレーは除菌効果も伴っているため、消臭という意味合いだけではなく、除菌を目的として使うのも有効です。更に湿気を除去し、靴の中を乾燥させる効果もあるので、水虫を予防するためのグッズとしてとても効果的です。

脚に直接使用できるスプレーも存在します。足に直接スプレーしたり、塗ったりする商品は脚自体から発生する臭いを除去したり、予防したりするために使用するのですが、これらの商品にも 湿気を防ぐ成分が配合されています。湿気は水虫の原因というだけではなくて、足からの臭いの原因ともなるので、商品全般に湿気を除去し、乾燥させる成分が配合されているというわけです。

関連記事

SNSシェアはこちら